古き良き文化を継承する会  個人情報の保護方針

古き良き文化を継承する会は、個人情報の大切さを深く認識し、その保護に取り組むことが
重要な責務であると考えています。弊社はこのための基本方針を以下のとおり定めて公表し、全社への徹底を図るとともに
関係する各種事業者、業界団体、行政機関等とも協力し、お客様の信頼を得られるよう、個人情報の保護に努めてまいります。

1.個人情報の保護に関する法令その他の規範(ガイドラインなど)を遵守いたします。
2.管理責任者と必要な規程を定めて個人情報の保護体制を確立し、全従業員の教育・研修に努めます。
3.個人情報は、利用目的を明確にして、適正な手段で取得し、正確かつ最新の内容に保って利用するように努めます。
また、お客様の同意を得た範囲を超えて、個人情報を利用したり第三者に提供したりすることはいたしません。
4.不正アクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等を防止するための合理的な安全対策を講じます。
なお、個人情報を取り扱う業務の委託先は、適切な基準を定めて選定し、秘密と安全を保つよう監督してまいります。
5.個人情報についてのお客様からの各種ご請求やご苦情に対しては、窓口と手続きを定めて迅速かつ誠実に対応いたします。
6.お客様の個人情報を保存する期間は、必要・最短の範囲に定め、終了後は確実に消去・廃棄いたします。
7.万一、漏えい等の事故が起こった場合は、該当する方々に速やかに通知し、事実関係と再発防止策を公表いたします。
8.弊社の個人情報保護体制は、安全管理等の実施状況やシステム技術、社会動向等の変化に対応し、継続的に改善いたします。

古き良き文化を継承する会  代表理事 根本隆一郎
平成21年12月1日