• 2014年度実績
  • 2012年度実績
  • 2011年度実績
  • 2010年度実績
  • 2009年度実績
  • 2008年度実績
  • 2007年度実績
  • 2006年度実績
  • 2005年度実績
  • 2004年度実績
  • 2003年度実績
  • 2002年度実績
  • 2001年度実績
  • 2000年度実績
  • 1999年度実績
  • 1998年度実績
  • 1997年度実績
  • 2014年実績

    11月17・18・20・21日
    ―“映画”を使った介護予防、認知症予防のための ―
    「文化療法(回想法)」セミナー開催
    10月7日〜12月7日
    京都文化博物館にて
    Noguchi Hisamitsu Cinema Graphics
    野口久光 シネマ・グラフィックス
    ―魅惑のヨーロッパ映画ポスター展―開催!
    10月
    地域・発行部数限定書籍!
    「わが街、中央、シネマの時代」発刊
    10月29日
    「中央区文化事業助成」対象事業
    わが街・中央・シネマの出版記念イベント
    日本橋
    三越劇場にて開催
    『映画は夢の玉手箱』
    憧れの映画につい語ろう!!
    スペシャル・トーク・ライヴ‐
    小松政夫、毒蝮三太夫、山川静夫出演
    10月31日〜11月3日
    「中央区まるごとミュージアム2014」参加事業展示イベント

    「わが街・中央・シネマの時代」
    日本橋、京橋、新富町、八丁堀、人形町、築地、銀座・・・、中央区に かつてあった日本映画史に残る映画館をたどる貴重な資料展を開催
    6月
    文化療法(回想法)
    DVD企画
    2014大林宣彦監督作品
    【思い出は映画とともに】制作
    9月
    「ライヴ・イン・ジャパン」コレクション1966-1993発刊!
    3月〜5月
    パリ、シネマテーク・フランセーズにおいて
    『Hisamitsu NoguchiThe Graphic Works』展が開催!
    2月28日〜6月24日
    うらわ美術館「野口久光 シネマ・グラフィックス」 ”黄金期のヨーロッパ映画ポスター展”
    展覧会ご案内

    今回うらわ美術館で開催されます展覧会は、戦後のグラフィック・デザイナーに多大な影響を与えた野口久光の幅広いアート・ワークを俯瞰するものです。戦前・戦後の映画の黄金時代に描かれた映画ポスター約150点を中心に、希少なポスター原画、映画俳優デッサン、レコード・ジャケットデザインや雑誌、本の装丁など、300点以上の作品を展示致します。 また野口は、映画をはじめ、ジャズ、ミュージカル、舞台評論の第一人者でもあり、コンサートや舞台をプロデュースするなど、その活躍ぶりは多彩であり、的確な評論はわが国の大衆文化の普及、発展に大きく寄与しました。本展はそうした野口の多才な業績をグラフィックの世界を通してお楽しみいただける展示内容となっております。 尚、今回の展示会の関連特別講座として、大林宣彦監督のスペシャルトークショウや本展覧会の総合監修者であるNPO代表理事の根本隆一郎による講座も開催されます。
    会期 2012年4月28日(土)〜6月24日(日)
    会場 うらわ美術館
    開館時間 午前10時〜午後5時
    休館日 月曜日(4月30日の月曜日は開館)、5月1日(火)は休館
    観覧料 一般 600円/大高生 400円/中小生 200円 (20名以上団体割引有り)